2013年02月23日

知らないと危うい!スカルプの汚れが引き起こす深刻なトラブル

毎日こう暑いと、朝の通勤だけでも汗びっしょり……。見るからに濡れています顔や体の汗は、注意深く拭き取るという人がほぼすべてだと思います。

と言えますが、もう一箇所重要なところの汗対処を忘れて居ませんか? これは“スカルプの汗”と言えます!

こうしたスカルプの汗や皮脂を放っておくと、取り返しのつかないトラブルに繋がるというのに、しっかりとおケアをしています人は意外と少ないのである。

今回は、夏なのでこそ力を入れたいスカルプ手入れに関してお話ししてきます。



■過酷な夏のスカルプ環境

みなさん、暑いと汗をかきますよね? これは顔や体だけではなくスカルプも同じ。目に見えなくても夏の暑さや強い紫外線の働きで、スカルプは皮脂ボリューム過多になっていますのである。

汗と混じった皮脂をそのままにしていると、時間の過程とともに酸化し、毛穴は詰まりシビアな傷んでいる髪が蓄積されてしまう。

そのうえ、こうした毛穴の詰まりはいつものシャンプーだけでは落とすことができず、ほぼすべての人のスカルプは汚れた現状となっていますのである。
posted by カイト at 00:00| Comment(0) | 美容室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。