2013年02月22日

中年男の毛が少なく見えるのは「頭皮脂」が原因

加齢とともに気に成る髪の悩み。とりわけメンズの場所合は、スカルプの脂っぽさが“おじさん化”のサインともいえるようですね。

株式会社マンダムの調査によると、40~50代のオトコと、20歳代のメンズのスカルプ脂質を分析した結末、40~50代メンズのスカルプ脂と20歳代のスカルプ脂じゃあ、想像としてラードとサラダ油のような(流動性の)異なりがありましました。



■ベタベタ感でスタイル全体も脂っぽく……

ガラス板にスカルプ脂を乗せて傾斜させて“たれ具合”を観察していると、40~50代メンズのスカルプ脂は流動性が低くほとんどたれません。

20代のメンズのスカルプ脂は流動性があるためたれてくるのとくらべると、“ベタベタ度”が高くなっているのが分かります。

さらに35℃湿度80%の頭頂部を観察してみると40~50代メンズの頭頂部は若いオトコに比べてベタベタしてみえ、毛ヘアーも少なく見えるのがポイントですね。

実は中年のメンズの毛ヘアーが少なく見えてしまう要因のひとつは、こういうベタベタのスカルプ脂のようですね。



■ベタベタが毛穴を詰まらせる

皮脂は男女の性別や年齢、体質によって分泌は違います。メンズホルモンは皮脂分泌に影響を及ぼすため、顔の肌じゃあ、女子よりも2~3倍多く皮脂を分泌するとのこと。

ベタベタな過剰な皮脂は毛穴を詰まらせ育毛環境に大きく影響してしまうのですね。

そこでスカルプを清潔にしている頭皮ヘアケアが依頼するになってくるでしょう。ヘアーの健康は、清潔さと血行促進が目安ですね。毎日のケアで出来る楽ちんな頭皮ヘアケアをご披露します。

(1)洗ヘアー

シャンプーは十分泡立ててから洗います。ヘアーだけでなくスカルプもマッサージしているように洗います。

そしてすすぎはシャンプーよりもたくさんの時間をかけて行ないます。シャンプーかすはスカルプの負荷になり易いのですね。

(2)育毛トニック等のスペシャルヘアケア

スカルプへの血流を高める為に仕込み段階として首や肩を動かしたり揉んだりして、血流をよくしておくるでしょう。

育毛トニックをつけたら、スカルプを揉みほぐして馴染ませるようにします。指で押したりブラシで軽くたたいたりして刺激を加え、血行をよくしていくるでしょう。
posted by カイト at 04:00| Comment(0) | 美容室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。